コメントする

姫路城 城主 黒田の新着情報はこれ!

Pocket

本当に貴重な姫路城 城主 黒田の情報を、他のウェブサイトよりもしっかりと

見ていただくことができると思います

 

織田信長の天下統一において中国攻め(毛利氏)を羽柴秀吉(後々の豊臣秀吉)を

総大将にして西に進軍します、

この時点で姫路城主「黒田官兵衛」は自らの城を

秀吉に差し出して中国攻めを成功させます。

姫路城の全国的な城主として名を最初に顔を出します

kannbe

次に西国将軍と言われた、「池田輝政」、

この人は徳川家康の娘婿に当たり関ケ原の合戦でも活躍し

播磨・淡路・備前・美作の国を領し百万石の大名になっています

池田てるまさ

次に剣豪で著名な宮本武蔵があげられます、

吉川栄治の小説に詳細は記されてテレビドラマにも普及しましたが、

若き乱暴な時代に姫路城の天守閣で修業をしたのち、

全国に修行の行脚に出ました。

宮本むさし

 

他に挙げれば徳川家康が可愛がった孫娘「千姫」、

豊臣秀頼の正室を向かえたが、大坂の陣で大阪城が落城後の方、姫路城に再お嫁さんなるのです。

姫路 千姫

 

 

池田輝政から明治新政府による版籍奉還が行われた時の

酒井忠邦まで約270年間、

6氏31代(赤松氏から数えると約530年間、13氏48代)が城主の任務を遂行した。

 

酒井

 

版籍奉還を立案した播磨姫路藩おしまいの藩主 1600年に池田輝政が関ヶ原の戦いの功績により、

播磨52万石(播磨一国支配)で入城すると、

大修正を行って膨大な城郭を築きました。

池田氏の跡継ぎがあんまり幼少によって、重要地を任せるには心配なことから、

因幡鳥取に転封強いられると、変わりに本多忠政が入城し、

それから後は奥平松平家、越前松平家、柳原家……と藩主家が7回も入れ替わりましたが、

1749年に酒井氏が入城し、なんとか藩主家が安定しました。

幕末期の鳥羽・伏見の戦いでは、

9代藩主、酒井忠惇が老中という身分で幕府側にくみしたため、

姫路藩も敵とみなされ、姫路城は新政府軍に囲まれましたが、

新政府軍に姫路城を譲り渡したので、攻防戦は何とか回避されました。

最期の藩主となった酒井忠邦が天皇に領土と領民を返還する「版籍奉還」を立案し、

知藩事となったことで、播磨姫路藩の歴史も併せて

幕を閉じたことになった。

 

himeji02

残念ながら、妻鹿(めが)城は跡地だけになっています。

「妻鹿城(めがじょう)」からの眺め

官兵衛が豊臣秀吉に姫路城を譲り、姫路を美しく見渡せるこの地に、父・職隆(もとたか)と居城したのが1580年頃。

 

このご時世、初期の天守閣も建造されただそうです。

しかし姫路城が今ある姿に変わったのは、その信長、秀吉の時代が終わり、

慶長5(1600)年、関ヶ原の戦いの論功で播磨52万石を与えられ池田輝政が入って、

徳川氏の庇護傘下で城を大修復。
今にみる連立式の天守閣などなどが備えられていったと認定されます。

まだ当時は豊臣氏が大阪城にあった時代であったが、
大坂の陣で豊臣氏が滅ぶと、姫路城は本多、榊原、松平、酒井といった徳川氏にもともと

縁の濃厚な武将が入って、
最終的に酒井氏が城主の代として明治維新を迎えるのです。

新発見!押さえどころです!

 

平成23(2011年)に、西脇市内の黒田庄町黒田に存在する荘厳寺において「黒田家系略図」が-発見され、そこには「第7代黒田城主重隆の次男の

『孝隆 官兵衛尉』が御着城主小寺家の猶子(養子)になった」と書かれていることもあって、

一変して、-官兵衛の生まれは黒田庄町黒田になるはずだという見方が浮上してきました

https://youtu.be/0TjA-K2Awec
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です